生まれたときの思い出の写真

生まれたときの思い出の写真。
髪の毛がふさふさで多いなあ〜という印象。
生まれつき髪の毛が多かった。
髪が少ないという悩みの方は多いけれど、私の悩みは、そう、『髪の毛が異常に多いこと!」。
思春期の頃からほんとに悩みだった。

ショートヘア―だと爆発しちゃうし、ロングヘア―だと重くて暗い印象になる。
どんなシャンプーやスタイリング剤を使っても、納得できる髪型になったことがない。

美容院を変えるたび、担当になったスタイリストさんには、必ずと言っていいほど、「多いですね~」と言われてしまう。もう慣れっこだけど。
「カットし甲斐がありますね!」と褒め言葉か何かわからないようなことも言われたりして…。スタイリストさんからすると、髪の毛の量が少ないお客様の方が気を遣うのだとか。でもせっかく女性として生まれたのに、髪に悩みを持つのは本当につらい。

大人になってから、初めてカラーをしてみた。
ボリュームがあるのを逆に生かしてパーマかけてみたらいかがですか?とすすめられた。
これ以上、爆発したら…と怖さもあったけれど、思い切ってお任せしてみることにした。

できあがった鏡を見て驚いた。
想像していた以上に自然で、ボリュームが気にならなくなっていた。
自分の短所だと思っていた髪の毛が、こんなにも素敵になるなんて。
少しだけ、自分の髪の毛、スキになれるかもしれないと思った。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*